現地支援レポート

2016/05/31
障害者スポーツを通して

 JIM-NETはヨルダン北部のイルビッドで、シリア難民、ヨルダン人の障害者のエンパワーメント活動を行っており、現在、車いすバスケットボールおよび車いす卓球を実施している障害者グループの活動を支援して

この記事の全文を読む

カテゴリ:

2016/05/25
シリア難民のがん患者 ハーバル君

小児がんを患うシリア難民のハーバル君(7歳)。 脳腫瘍が進行しており、頭の右側が膨れています。また腫瘍が脳や神経を圧迫し、頭痛や視神経の異常に悩まされています。 以前シリアで除去手術をしましたが取り切

この記事の全文を読む

カテゴリ:,,

2016/05/18
理学療法士と作業療法士の活動 -- ザアタリ難民キャンプ

 JIM-NETはヨルダンにあるザアタリ難民キャンプのリハビリテーション施設に、理学療法士および作業療法士を派遣しています。8万人のシリア人が居住するザアタリ難民キャンプには、障害者も居住しており、車

この記事の全文を読む

カテゴリ:

2016/05/17
障害啓蒙キャンペーンが実施されました

 JIM-NETはヨルダン北部、イルビッドで、シリア難民およびヨルダン人の障害者、ヨルダンの団体等と協働で、障害に対する意識と理解の向上を目指した活動を行っています。この活動は、ヨルダンは一般に社会の

この記事の全文を読む

カテゴリ:

2016/05/01
シリア難民妊産婦支援 粉ミルク配布

本日はイラク・アルビルのシリア難民キャンプで、粉ミルクが必要な乳幼児を抱えるテント3軒を訪問し、粉ミルクを届けてきました。 1軒目は、ミディアちゃんとムハンマド君の双子の赤ちゃんがいるテント。生後

この記事の全文を読む

カテゴリ:,

2016/04/24
報告書「シリア内戦開始から5年 -- 兵器の被害と難民負傷者/障害者の声」

 2016年3月、シリア紛争は解決の兆しが見えないまま6年目に入りました。難民の数は430万人を超える一方、国内では2016年2月から約2ヶ月「停戦」状態が続いていたものの、再び戦闘が再燃し停戦崩壊の

この記事の全文を読む

カテゴリ: コメント(0) トラックバック(0)

2016/04/11
障害者スポーツ活動が始まりました

 JIM-NETはヨルダン北部のイルビッドで、シリア難民、ヨルダン人の障害者のエンパワーメント活動を行っています。2015年度には、障害者自身が周りの人たちとともにより生きやすい社会をつくるために、ど

この記事の全文を読む

カテゴリ: コメント(0) トラックバック(0)

2016/04/10
義足、義手の支援が終了しました(2015年度)

 JIM-NETは2015年より、主にシリア内戦で手や足を失った難民を対象に、義肢の提供を行っています。2015年度は22名に対し計23の義足/義手を提供しました。現在も紛争が激化を続けるシリアではす

この記事の全文を読む

カテゴリ: コメント(0) トラックバック(0)

2016/03/27
二人の青年が見る将来の夢

 「僕が住む町は空っぽで、瓦礫だけになったんだ。でも、帰れるようになったらその町に戻って、壊されてしまった兄が持っていた縫製工場を作って、そこで家族と一緒に生活するんだよ」。 この日、2人の青年が義

この記事の全文を読む

カテゴリ: コメント(0) トラックバック(0)

2016/03/04
障害者の家族の役割

 JIM-NETはアンマン市郊外およびイルビッド市近辺で、身体の状態が理由で通院が困難な負傷者/障害者を対象に在宅リハを実施しています。アンマンでは週3日、男性理学療法士が、イルビッドでは週2日、女性

この記事の全文を読む

カテゴリ: コメント(0) トラックバック(0)

月別アーカイブ

カテゴリ

PageTOP