現地支援レポート

2017/04/24
【モスルから来たラワちゃん】

「何もないの、本当に何もないのよ・・・」ラワちゃん(11歳)とそのお母さんはモスルから難民キャンプへと逃れ、ナナカリ病院でようやく治療が始めることができました。初めて彼女のお母さんにあった時、彼女は何

この記事の全文を読む

カテゴリ:,

2017/04/21
シリア難民母子支援・ダラシャクラン難民キャンプ

 JIM-NETが支援をつづけているダラシャクラン難民キャンプ。ここは、イラクのアルビル県にあります。なんとこの3年間で3,142人の赤ちゃんが生まれています。キャンプの人口は12,387(UNHCR

この記事の全文を読む

カテゴリ:

2017/04/21
バグダッドより・車いすの支援をしました!

 皆さま、バグダッドのアブーサイードです。今日は、ファルージャから避難している避難民のアブドルラハマン君がキャンプから病院にやってきました。がんが進んでいて片足を切断しました。当面車椅子が必要とのこと

この記事の全文を読む

カテゴリ:

2017/04/21
【届けられなかった薬】

 先日、JIM-NETハウスにある患者のお父さんがやってきました。エルビルの外れに住むハマダーニさん一家は13人家族、子どもが11人いる大家族です。ここ数ヶ月、彼の家族に次々と悲劇が襲いました。 今年

この記事の全文を読む

カテゴリ:,

2017/04/10
シリアにおける化学兵器使用とアメリカの軍事攻撃に関して

 4月4日、シリアで化学兵器が使われた。死者は70人を超え女性や子供も含まれる。シリア政府とロシアは、反体制の拠点を空爆した際に、貯蔵されていた化学兵器が爆破されたという。しかし、アメリカは、「アサド

この記事の全文を読む

2017/04/05
JIM-NETハウス 初夏の訪れ

JIM-NETハウスの庭はオレンジの季節が終わり、庭では多くの植物や花が色彩豊かに色を放っています。 蝶々の写真は、JIM-NETハウスを訪れてくれたアブデルモーメン君(現在ナナカリ病院で治療中)

この記事の全文を読む

2017/04/03
JIM-NETハウス オープニングセレモニー開催!

4月1日、JIM-NETハウスのオープンを記念してオープニングセレモニーが開かれ、ナナカリ病院の先生や日本クルド友好協会をはじめ多くの方々にご列席いただきました。またテレビ局の取材カメラも入り、にぎや

この記事の全文を読む

2017/03/23
アルビルのサッカークラブを訪問

JIM-NETが支援しているアルビルのナナカリー病院の近くには、アルビルSCのホームグラウンドであるフランソワ・ハリーリ―スタジアムがあります。 イラクの子ども達は本当にサッカーが大好き。 今日は

この記事の全文を読む

カテゴリ:,

2017/03/22
JIM-NETハウスの庭に実っているオレンジ

日本のデコポンに似た形で、美味しそうです! 相談に来た患者のお父さんに、木に登ってもらって収穫。 今年のチョコ缶のオリーブの絵を描いてくれたローリンの母ちゃんが絞ってくれました。

この記事の全文を読む

カテゴリ:,

2017/03/21
イラク戦争開戦から14年とJIM-NET

※長文ですが、ぜひ最後までお読みください。 【イラク戦争から14年】 今年の3月20日でイラク戦争が始まり、14年が経ちました。 「イラク戦争のことを忘れないで」と言うよりも、イラク戦争は未だに終わり

この記事の全文を読む

カテゴリ:,,

月別アーカイブ

カテゴリ

PageTOP