現地支援レポート

2014/08/23
【8/22】ヤジッド教徒

最近、よくニュースで出てくるのがヤジッド教徒です。しかしどういう宗教かというと今一つわかりません。今日は、ドホークの小学校に避難しているヤジッド教徒を訪問し、ニーズの聞き取りなどを行いました。シンジャ

この記事の全文を読む

2014/08/22
【8/20】アルビル緊急支援①

佐藤事務局長が、20日にアルビル入りし、イラク国内避難民の支援活動を開始しました。UNは120万人のイラク国内避難民のための大規模支援を開始した模様です。しかし、ようやく物資がアルビルの空港に到着した

この記事の全文を読む

2014/01/16
ヨルダン、シリア難民の小児がんの治療費を支援決定 約150万円

JIM-NETは、ヨルダンのキングフセインがんセンターで治療するイラク人の骨髄移植などの治療費の一部を補助してきました。毎年、約100万円をキングフセインがん基金に支援。骨髄移植は一人1000万円

この記事の全文を読む

2014/01/16
シリア内戦続く。子どもたちを救いたい。「ジュネーブ2」に託す思い

JIM-NETでは、昨年から、「希望の足」作戦と称し、ヨルダン-シリア国境から運び込まれる戦傷者を病院やリハビリセンターへ運ぶ交通手段を支援しています。 イマッドさんは、シリア人でダラアーから避難し

この記事の全文を読む

2013/11/25
アンマン・アーキラ病院訪問 2013年9月22日

「現地でJIM-NETの活動にボランティアとして参加してくれた相沢さんからのレポートです」 2013年9月22日 相沢恭行 イラク・アルビルでの活動を終え、9月20日にヨルダンのアンマンに到着。空

この記事の全文を読む

2013/11/25
アンマン市内ジャバル・ナスル地区の家庭訪問(後半)9/23

「現地でJIM-NETの活動にボランティアとして参加してくれた相沢さんからのレポートです」 2013年9月23日 相沢恭行 Eさん家族に続いて案内されたのは、まさに隣の家だった。玄関前で黒いアバー

この記事の全文を読む

2013/11/25
アンマン市内ジャバル・ナスル地区の家庭訪問(前半)9/23

「現地でJIM-NETの活動にボランティアとして参加してくれた相沢さんからのレポートです」 2013年9月23日 相沢恭行 今日もJIM-NETのお手伝いで、アンマン市内で生活するシリア人の家

この記事の全文を読む

2013/11/22
イラク・アルビル市郊外バハルカ(Bahrka)難民キャンプ(9/18)

イラク・アルビル市郊外バハルカ(Bahrka)難民キャンプ 「現地でJIM-NETの活動にボランティアとして参加してくれた相沢さんからのレポートです」 2013年9月18日 相沢恭行 週末に迫

この記事の全文を読む

カテゴリ:,

2013/10/31
新たに逃れてきた難民の子どもたちに、粉ミルクを配布しました。

シリア騒乱により、周辺諸国へ逃れている難民の数は、200万人を超えています(2013.10.29現在)。特に北イラクへは、8月15日の国境再開後、一ヶ月で約6万人のシリア難民が逃れてきました。難民の

この記事の全文を読む

カテゴリ:

2013/09/06
シリアからの難民が増加、支援も継続拡大します。(北イラク最新レポート)

2011年から始まったシリア内戦により、近隣諸国に逃れて難民となった人々は、200万人を超えました(2013年9月3日現在)。またこの1年で、シリア難民の数が180万人近く増加し、毎日平均約5千人が国

この記事の全文を読む

カテゴリ:

月別アーカイブ

カテゴリ

PageTOP