現地支援レポート

2013/04/24
クルド人虐殺から25年、記念式典に斉藤信一が参加

今から25年前の3月16日、北イラクのハラブジャで毒ガス兵器がつかわれました。 先ほど、クルド自治政府が主催した25周年記念イベントに、斉藤信一が参加しました。 -解説- 1980年代の後半(イ

この記事の全文を読む

2013/03/05
JIM-NET会議、「あしたがある」イブラヒムが熱唱

2月20日と21日にイラクのアルビルで開催された、第12回JIM?NET会議 冒頭佐藤(副代表兼事務局長)が挨拶した。 「昨年、鎌田代表が、311で何が起きたかを皆さんに説明した。20,000人が死に

この記事の全文を読む

2013/02/06
シリア難民支援で看護師を現場に派遣します。

ジムネットでは、国井真波看護師(JCF理事)を2月5日―2月12日まで、イラクのアルビルとヨルダンのアンマンに派遣。妊産婦支援のモニタリングとさらなるニーズアセスメントを行います。滞在中は、難民キャン

この記事の全文を読む

カテゴリ:

2012/12/19
チョコを食べながらIAEAウォッチせよ!閣僚会議、福島で何が?

IAEAをウォッチせよ JIM-NETは、ピースボートなどからの依頼で、協力団体として、Nuclear free now! に賛同した。主に小松真理子(福島担当スタッフ)を派遣し、通訳などを手伝っ

この記事の全文を読む

2012/12/14
カーイムにできた難民キャンプ

先日、カーイムのシリア難民キャンプを視察しました。 この辺りは、イラク戦争で米軍の激しい攻撃をうけ、がんの子どもたちも増えているといいます。イラクの住民たちは劣化ウラン弾が使用されたのではないかと疑っ

この記事の全文を読む

カテゴリ:

2012/11/26
ナナカリー、研修にかける思い。

いよいよ今月26日からアルビルのナナカリ病院の医師、看護師、事務局長が来日し、 日本で研修を受ける予定です! 今回は3人に研修への意気込みを伺いました。 ・ ペイマン先生(ナナカリ病院小児科医)

この記事の全文を読む

2012/11/26
アルビル、ナナカリ病院の患者

こんにちは、アルビル事務所の望田です。今日はうれしいことがありました。 三ヶ月前からナナカリ病院に通っているワハード・カマランくん(4歳)。 先月半ばにナナカリ病院に入院していた時は、自分では起き上が

この記事の全文を読む

2012/11/26
アリ君、イランで放射線治療をうける。

皆様、バスラのイブラヒムです。 9月30日アリ・アーキル君をイランで治療させました。その時のレポートです。 まず、医師の診断。 放射線治療が必要であるという診断書を書いてもらいます。 家庭訪問をして

この記事の全文を読む

カテゴリ:

2012/11/25
イランで放射線治療を受ける子どもたち

イランでの放射線治療 バスラ子ども病院では、放射線治療のための機材を導入中ですが、まだ完了していません。 放射線治療とは、X線やガンマ線,電子線などの電磁波をがん細胞へ照射することによって,がん細胞

この記事の全文を読む

2012/10/10
ナナカリ病院にて患者家族への感染症対策講座

先週末、ナナカリ病院にて患者の家族向けの感染症対策講座を実施しました。 JIM-NETとナナカリ病院の医師、看護師が協力して作成したブックレット(アラビア語版とクルド語版を用意)を使っての講座でした

この記事の全文を読む

月別アーカイブ

カテゴリ

PageTOP