現地支援レポート

2013/05/28
食を考えるフォーラム@いわき小名浜

放射能測定所のサポートを行ないました。講習会や、測定所同士の情報交換の場としての座談会をするなどネットワークをつくっていきました。 その地域ネットワークの発展型として、いわき地域の市民放射能測定所の方

この記事の全文を読む

2013/05/24
「絆ぐるぐるプロジェクト」石巻の服をシリア難民に届けました。

2013年5月9日から、ヨルダンに避難しているシリア難民に、石巻の衣類を届けてきました。これまでに、120キロ以上の衣類を手持ちし、110キロ以上を輸送しています。今回は、シリア難民支援の一つ、妊産

この記事の全文を読む

2013/05/24
アルビルのモール前シリア難民、絆ぐるぐる

絆ぐるぐる難民支援 石巻から届けられた洋服をシリア難民に届けるとともに、出会った難民が必要としているものがあれば、できるだけ対応したい。特に、イラクとヨルダンは、福島や石巻の支援に協力していただいた

この記事の全文を読む

2013/05/20
アンマンのシリア難民支援、安心して赤ちゃんがうまれてくるように。

今年1月から開始したシリア難民の妊産婦支援プロジェクト。 ヨルダンでは、アンマンの都市難民が、アーキラ病院(私立)で出産する際の費用を3か月間負担。 (合計約300万円)を実施しました。 サダーカやパ

この記事の全文を読む

2013/05/08
シリア難民の妊産婦さんを検診サポート

現在アルビル市内でも多くのシリア難民が暮らしています。そして、経済的な理由などからなかなか定期検診を受けられず不安を感じている難民妊産婦がたくさんいるのが現状です。 JIM-NETは難民の妊産婦たちが

この記事の全文を読む

カテゴリ:,

2013/05/01
春の遠足:ナナカリ病院

こんにちは、アルビル事務所の望田です。 今、イラク北部のアルビルは日中は気温が30度近くまで上がりますが、 夕方は涼しい風が吹き一年で一番過ごしやすい春の季節になっています。 そこで今週の水曜

この記事の全文を読む

2013/04/24
クルド人虐殺から25年、記念式典に斉藤信一が参加

今から25年前の3月16日、北イラクのハラブジャで毒ガス兵器がつかわれました。 先ほど、クルド自治政府が主催した25周年記念イベントに、斉藤信一が参加しました。 -解説- 1980年代の後半(イ

この記事の全文を読む

2013/03/05
JIM-NET会議、「あしたがある」イブラヒムが熱唱

2月20日と21日にイラクのアルビルで開催された、第12回JIM?NET会議 冒頭佐藤(副代表兼事務局長)が挨拶した。 「昨年、鎌田代表が、311で何が起きたかを皆さんに説明した。20,000人が死に

この記事の全文を読む

2013/02/06
シリア難民支援で看護師を現場に派遣します。

ジムネットでは、国井真波看護師(JCF理事)を2月5日―2月12日まで、イラクのアルビルとヨルダンのアンマンに派遣。妊産婦支援のモニタリングとさらなるニーズアセスメントを行います。滞在中は、難民キャン

この記事の全文を読む

カテゴリ:

2012/12/19
チョコを食べながらIAEAウォッチせよ!閣僚会議、福島で何が?

IAEAをウォッチせよ JIM-NETは、ピースボートなどからの依頼で、協力団体として、Nuclear free now! に賛同した。主に小松真理子(福島担当スタッフ)を派遣し、通訳などを手伝っ

この記事の全文を読む

月別アーカイブ

カテゴリ

PageTOP