現地支援レポート

2017/06/09
Rest in peace ~ラワちゃんが旅立ちました~


先日、難民キャンプに戻ったラワちゃんが昨日亡くなりました。
逝去の知らせを受けたスタッフがその時のことを綴ってくれました。

+++
3日前、「また会いにくるね!」とラワとラワのお母さんと約束をして僕は週末ドホークの家に戻りました。
週明け、ドホークから病院に向かう途中電話が鳴りました。
ラワのお父さんからでした。
「色々無理なお願いまで聞いてくれて本当にありがとう、アーデルや他のスタッフは本当に息子のようだ。感謝してもしきれないよ。ありがとう。」
僕は「いやいこれが僕たちの仕事なんだ、そう言ってもらえると嬉しいよ。」と告げると、ラワのお母さんに電話が渡されました。
いつもと違った低くて小さい声に一瞬息を呑みました。
「ラワが亡くなったよ。」
最初は聞き取れず何度か聞き直しましたが、確かにその言葉が発せられました。
僕は何と言っていいか分からず、ただただラワとその家族に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。
何もしてあげられずにごめんなさいと。
そしてこの知らせをJIM-NETのスタッフたちにどう伝えていいかもわかりませんでした。私たちは家族のようだし、皆ラワのことを気にかけていたから。そして彼女のことが大好きだったから。
ラワにお疲れさまと伝えたい。
いっぱい苦しんだけど、もうがんのない世界でゆっくりしてね。
安らかに眠ってください。

アーデル

+++
写真は5月に現地報告会を行った際に、skypeでゲスト参加してくださったフォトグラファーの鈴木雄介さんが撮影してくれたもの。
スタッフもこの写真がとても気にいっています。
また会う機会があるのなら、ラワの家族にこの写真をあげたいとスタッフたち。
ラワちゃん、安らかに眠ってね。
ご支援、応援していただいた皆さん、どうもありがとうございました。
亡くなった原因を再度先生から伺い、我々が今後ラワのような患者に対し、どのようなサポートができるのかということを改めて考えていきたいと思います。
(アルビル事務所:斉藤)


18836827_1467078156693364_4402059701584603685_o


ラワちゃんの過去の記事はこちらです↓
https://www.facebook.com/JapanIraqMedicalNetwork/posts/1426559317411915
https://www.facebook.com/JapanIraqMedicalNetwork/posts/1465464596854720:0

カテゴリ:

月別アーカイブ

カテゴリ

PageTOP