現地支援レポート

2017/07/28
ローリンがJIM-NETハウスに遊びにきました!

ローリンが久しぶりにJIM-NETハウスに遊びに来ました!白血病治療後の定期健診でナナカリ病院を訪れたローリン、検査に異常もなく元気に過ごしているようです。昨年度のチョコ募金でローリンが描いてくれたオ

この記事の全文を読む

カテゴリ:,

2017/07/21
【シリア難民がん支援】イギリスのタハニさんとテレビ電話

ヨルダンにやってきました。ダラーから避難しているイマッドさんは、2013年から一年半ほど、「希望の足」プロジェクトで、バンを運転し障害者の移送支援を手伝ってくれました。イマッドさんが私がヨルダンについ

この記事の全文を読む

カテゴリ:,

2017/07/20
【ヨルダンより女性障害者の社会活動報告】

先日、記事をアップしましたヨルダンでシリア難民女性障害者の人たちが作った人形劇は、どのようなお話だったかというと...《人形劇のあらすじ》車いすの歌手と障害のない歌手が、ステージで歌を披露し喝采を受け

この記事の全文を読む

カテゴリ:

2017/07/19
【無事にモスルに薬が届きました。】

7月15日、JIM-NETの車に一時帰国中のリカ―先生が乗り込み、アルビルからモスルのイブンアシール病院に薬を無事に届けることができました。(イブンアシール病院のスタッフとリカー先生・左端)リカー先生

この記事の全文を読む

カテゴリ:

2017/07/18
【ヨルダンより女性障害者の社会活動報告】

JIM-NETは、ヨルダンで社会参加の機会が限られている女性障害者の活動を支援しています。彼女たちが人々に伝えたいメッセージは、「私たちは自分たちでいろんなことができる」と、「助けが必要かどうかは自分

この記事の全文を読む

カテゴリ:,,

2017/07/18
【薬6000ドル分をモスルのイブンアシール病院へ】

ここのところアルビルは、連日50度近い気温でへばり気味のスタッフ。(気温50度の中で、がんばってるスタッフ!)モスルのイブンアシール病院へモスルの医師が薬を届けてくれることになり、準備をしています。同

この記事の全文を読む

カテゴリ:

2017/07/14
【JIM-NETハウスに蘇るサブリーンの絵画たち】

2009年にこの世を去ったサブリーン(当時15歳)の絵が、この度JIM-NETハウスの壁画として蘇りました。サブリーンの絵はこれまでもチョコレートの缶の絵にもなり、記憶にある方もいらっしゃるかと思いま

この記事の全文を読む

カテゴリ:,

2017/07/14
【エルビル事務所:ニューフェイスの紹介】

7月よりJIM-NETエルビル事務所に新たなスタッフが2名加わりました。まずは一人目、つい先日まで大学生だったバルザン(23歳)。(バルザン)ソーシャルワーカーとして活躍してくれる予定です!実は以前も

この記事の全文を読む

カテゴリ:,

2017/07/06
【ベースライン調査@アルビル】

外務省の支援で千葉大学の伊藤先生がアルビルに入り、研修前のベースライン調査を行なっています。(研修前のベースライン調査中の伊藤先生・右から二人目)10月と12月の2回、本格的な研修を行います。今日は看

この記事の全文を読む

カテゴリ:

2017/07/05
【シリア難民支援・シドラちゃんの手術】

2014年に、JIM-NETが行っていたダラシャクラン・シリア難民キャンプの母子保健。その当時生まれたシドラちゃん。心臓に穴が開いています。今のところ手術はしなくていいみたいですが、最近扁桃腺の問題が

この記事の全文を読む

カテゴリ:

月別アーカイブ

カテゴリ

PageTOP