ニュース

2017/07/12
ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)デーに賛同し、パートナー団体となりました。


12月12日は「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)・デー」。

『誰もが、どこでも、お金に困ることなく、自分の必要な質の良い保健・医療サービスを受けられる状態 』を実現するよう世界に呼びかける日です。
2012年12月12日、国連総会でユニバーサル・ヘルス・カバレッジを国際社会共通の目標とする決議が全会一致で採択されました。これを記念して、市民社会が中心となって2014年から12月12日を「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ・デー」とすることになりました。

「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ・デー」の詳細はこちら⇒http://uhcday.jp

 

JIM-NETでは、イラクやシリアの子どもたちが、お金がなくて抗がん剤が買えない、病院に子どもを通わすお金がない、骨髄移植のためにすべての財産を失ってしまった。そして残念なことに子どもの命も奪われてしまった、といった例をいくつも見てきました。

イラクは、石油資源が豊富であることから国立病院は無料で治療が受けられることになっていますが、戦争の影響で、いまだに安定した政府ができずにいて、病院には抗がん剤がない状況です。私たちは、病院に薬を届けたり、患者が自己負担で買った薬の立替や、病院への交通費を払っています。そういった支援を続けながらも、世界にユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)を訴えていきます。

月別アーカイブ

カテゴリ

PageTOP