ニュース

2014/03/11
3.11 もう3年か? いや、まだ3年、そしてより不確実な未来へ


 2011年3月の大震災、大津波、そして未曾有の原子力発電所事故から3年が経った。もう3年過ぎたという見方もあり、実際東北の被災者や東北に暮らす人たち以外の多くは、すでに記憶の彼方の出来事となっている人も少なくないだろう。  地震や津波の傷は少しずつ癒えていくだろう。亡くなった人たちは帰っては来ないが、町は再建され、人々は少しずつ立ち直っていく。生活もゆっくりと以前のようなものに戻り始めている人も多いかもしれない。  しかし、放射能災害は、まったく解決の目処も立たず、避難している人たちの帰還もままならず、そして事故を起こした原発自体がどういう状態なのかわからない。汚染水も次々と溢れ、どう処理していいのかもわからない。空気中にも間断なく放出されている。にもかかわらず、いっけん普通の暮らしが戻り始めていることに、私は危惧を覚えている。  私たちに未来があるのか。それは私たちにはわからないことだが、それに少しでも希望を託すのだとしたら、私たちが進むべき道はもう少し他にあるのではないかと思う。そのために、私たちはこれからも活動していく。それは福島の人たちの為のみならず、日本のそして世界の人たちの為であり、美しい自然や環境を少しでも守っていく為でもあると思う。  今日の日に、私たちは改めてあの日に起きたことに思いを馳せ、自分たちの暮らし、考え方を見直し、さらにこれからどうしていくのかを考察する機会とすべきではないのか。これは、今を生きる私たちすべてが責任を負っている問題だから。  あらためて、亡くなった方たちに哀悼の意を表し、彼らの死の意味を問い直しながら生きていきたい。 IMG_5371ast.jpg 事務局 福島担当    村田 信一

月別アーカイブ

カテゴリ

PageTOP