イベント情報

2017/02/03
2月11日 シリア危機への実効的アプローチに向けて シリア人専門家と日本のNGO・アカデミアとの対話を通して


2011年にシリアで発生した危機は、2017年3月で7年目に突入しようとしています。本シンポジウムは、 現下のシリアの惨状の軽減に貢献するため、アカデミアとNGOがどのような実効的アプローチが実行 可能かを、シリアと日本の有識者の意見交換を通じて模索することを目的としています。シリア危機の 実態を「最大公約的」に把握し、実行可能な実効的アプローチを会場の参加者を交えて描き出してい きたいと考えています。どうぞご参加ください。

JIM-NETからは内海が参加します!シリアの研究者の方もいらっしゃいます。まさに今!の声をぜひ聞きにいらしてください。 ギャラリー日比谷と両方も可能ですよ~。

■日時: 2017年2月11日 (土) 13:30~17:00

■会場: 明治学院大学白金校舎 国際会議場(本館10階)

■アクセス: ・白金台駅・白金高輪駅より徒歩7分(東京メトロ南北線、都営地下鉄三田線) ・高輪台駅より徒歩7分(都営地下鉄浅草線)http://www.meijigakuin.ac.jp/access/

■プログラム(予定) 13:30 基調報告 青山弘之(東京外国語大学教授) 13:50~17:00 パネルディスカッション (日本語・アラビア語 逐次通訳付き) ファシリテーター 青山弘之 シリア政策調査センター、UNICEF・UNDPスタッフより報告 日本の研究者・シリア和平ネットワークのNGOから提言 ※途中休憩をはさんで、会場も含めたディスカッション、質疑応答をします。

■参加費: 資料代として700円を頂戴いたします(明治学院大学学生・関係者は無料)

■定員: 70人(お申し込み順)

■お申し込み 以下のアドレスからお申し込みください。「シリア人専門家 対話」で検索するとトップで出ます。 http://bit.ly/2jdcK7E ■お問い合わせ: シリア和平ネットワーク/日本イラク医療支援ネットワーク 担当:内海(junko.utsumi@jim-net.net)

0001 (5).jpg

月別アーカイブ

PageTOP