難民+障害~社会を変える力になる~
シリア難民障害者支援報告会
あるる 安原美佐子 × JIM-NETヨルダン事務所代表 福田直美
 
unnamed (3)


unnamed (1)
シリアの隣国ヨルダンには、64万人以上のシリア難民が暮らしています。

その中には、紛争で大けがを負いヨルダンに治療のために送られ、車いすや杖を使用して生活する人たちや、もともと障害があって家族とともに安全を求めて逃れてきた人たちが大勢います。

JIM-NETは、ヨルダンに暮らすシリア難民の負傷者・障害者支援を2013年から実施しており、現在は特に障害者自身の社会活動に力を入れています。

難民の障害者が自分たちで生きる力を強めていくための取り組みを、彼らの声をとともにJIM-NETヨルダン駐在員、福田直美がご紹介します。
また、JICAのシリア難民支援プロジェクトに、ピア・カウンセリング(障害のある人同士が対等な立場で話を聞き合い、共感し合い、仲間同士で支え合うことを目指すカウンセリング手法)専門家として参加し、2回の研修を実施された安原美佐子さんをお迎えします。

「難民+障害者」。困難から生まれる強さが社会を変えていく力になります。ヨルダンのシリア難民障害者にまつわるあれこれを二人がじっくり語ります。ぜひご参加ください。

c784a0ff
◆日時:2016年11月9日(水)
18:45~20:30(開場18:30)
◆会場:クリエイティブワン秋葉原8階ラーニング・カフェ
(東京都台東区上野5-3-4)
JR御徒町駅(南口)・秋葉原駅(中央改札)より徒歩7分
東京メトロ銀座線末広町より徒歩5分
◆参加費:1000円
(ジムネットサポーター、介助者は1人まで無料)
◆定員:60名(先着順)
◆主催・お問い合わせ
日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET)事務局
(電話)03-6228-0746、(Email)info-jim@jim-net.net

※会場の入り口に1段の段差があります。車いす用のスロープを用意します。その他、参加に際しご質問のある方は事前にご連絡ください。


◆スピーカー:
unnamed
福田直美(JIM-NETアンマン事務所代表)
一般企業に勤務後、安全保障学を学び、2007年からパレスチナにて主に保健分野のNGO事業に従事。
2012年からUNDPにてエジプトで民主化支援、その後ヨルダンでシリア危機対応の調整業務を経て、2015年より現職。
ヨルダンのシリア難民負傷者・障害者支援に携わる。


unnamed
安原 美佐子(特定非営利活動法人・あるる)
小中高と地域の学校へ通い、一般就労した後、自分が軟骨無形成症(骨の成長が不十分で身体が小さい)の障害者であることを強く意識するようになった。その後、ピア・カウンセリングと出会い、「自分らしくありのまま生きていこう」と決めることができた。現在、日本各地や途上国でピア・カウンセリングを紹介する活動を行っている。